週末の気づかれとか、じわじわしすぎた休日バカってのもやはり影響してるんだろうけど。
なんとか、梅雨があけたみたいで、そこにこういう暑さも加わって、体調がまいってるのかな。
なんて思うと、青少年の若い子がねたましいわけで。
イハダ

昨晩は、三日間閉め切っていたホールが半端なく暑くて、始終室温してたんですが。
むしろ、寝る前になって、終始このまま室温してたら、冷え性のボクにはいやにヤバいだろうと思ったんで、午前切れるようにタイマーかけたんです。

で、早朝生まれる時給今しがたぐらいに案の定、暑すぎて起きて。
そこから、またクーラーポチッというしちゃったんですね。
それから涼しくて気持ちよくて寝ちゃって・・・。
起きたら、実家起こるタイムでして。

うわ~やっちゃったって、思っても手遅れ・・・。
そこから、タクシー飛ばそうにもタクシーも捕まらないし。
ほんのり、流感傾向ってことで、病舎寄ってから行きますってことにしました。
ごめん、後輩ちゃん。
引け目もあるけれど、このぐらい皆さんしてるよね。

四十路は、延着したはもっと言えないのよ、というほほ。
として、明日からまた思いを引き締めてお仕事しようと思います。
おやすみなさい。

七夕といえば、ドリカムの曲を思い出します。
音程苦しいあの曲、聞いてるというこちらまで苦しくなって生じるというか。

前方まで、こちらは降水降ってたんですが、今回ちょっと止んできたんで、
もしかして二人は出会えるかな、なんて淡い期待を抱いてます。

とまぁ、フィクション的序論をしつつ。
今日は少々就労を早めに切り上げようとしてます。
もうすぐおわりなので、いそいそという帰ろうとしてます。